ロゴ

メニューの設定はposレジが操作しやすい

業種に合わせて選ぶ

レジ

飲食店に特化した機能

posレジには業種によって向いている機能がついています。これらの機能を理解しておくと導入後に特化した機能を活かして効率の良い業務を行なうことが出来るようになります。また、業種によって違う業務にもそれぞれ対応しているのでどこに導入するのかをしっかりと考えておく必要があります。特に飲食店では日替わりメニューなどを提供することもあり日によって集計を変える必要がありますが、この場合posシステムの登録機能を使えば、楽に対応することが出来ます。

顧客管理の出来るposレジ

美容室などの特定の顧客が来店しやすい業種では顧客の管理も重要になってきます。常連客のカルテや何回目のお客なのかを知ることでお店の経営に役立てるのです。posシステムには顧客管理に特化している機能もあり、売上計算と併せてどの顧客がどれだけの金額を支払っているのか、一回の利用でどれだけ料金を使うのかを知ることが出来ます。この機能は美容室だけでなく顧客管理が重要な業種に役に立ち、経営補助として効果を発揮します。

在庫管理でコストを抑える

posシステムには在庫管理が行える機能が付いていることがあります。この在庫管理機能を使えばお店で売れ残りを出すことがなくなり、仕入れを適切に行なうことが出来るようになるでしょう。それにより無駄なコストの削減に繋がり、経営の負担を軽くすることが可能になります。小売業者などに向いている機能のため、在庫管理が行えるposシステムには発注管理も付与されていることも多いようです。

クラウド機能で自宅で管理

お店を店長やスタッフに任せている経営者も多いでしょう。こうした経営者は日の集計を取る時だけお店にいくことが多いとされていますが、クラウド機能のposシステムは自宅にいながらスマートフォンで売上状況を知ることが出来ます。このシステムはいつでも確認ができるので店の状況を把握ためにうってつけの機能と言えます。在宅業務の多い経営者にオススメできるposシステムですね。

posレジの導入で注意している部分ランキング

no.1

月々の使用料金

posレジを導入した後に掛かる月々の使用料金は多くの経営者が注意している部分になっています。安さと機能面で判断する経営者が多いので新規導入時には注意しましょう。

no.2

機能が充実しているか

機能の充実は業務にも影響してきます。実際の所、月々の使用料金と機能の充実は注意しているランキングとしても大差がなかったのです。やはり機能と費用が両立しているposレジが一番いいのでしょう。

no.3

売上管理の操作性

posレジの特徴である売上管理ですが、操作のしやすさは扱う従業員の業務に関係するので注意されています。最近のposレジは操作性もよくシンプルな作りと評判がいいですよ。

no.4

顧客管理の有無

顧客管理は一部の業種で欠かせない部分になっています。そのためposレジの機能の中でも顧客管理にこだわる経営者が多いとされているのです。

no.5

レジの利便性

最近のposレジはスマートフォンやタブレットからでも売上状況や来店数などが確認出来るようになっています。そのため自宅でも管理したいと考える経営者が注意している部分になっています。